メタバース時代場所を選ばずに活動できるデジタルスキル 「ジュエリーデザイナー養成講座」の一般無料モニターを募集開始 ~実店舗でも仮想空間でもジュエリーがデザイン・販売できるデジタルスキルを手に入れよう~

株式会社デジタルジュエリー(本社:東京都豊島区、代表取締役:佐藤善久)は、今後普及するメタバース時代に合わせたジュエリー世界を創造していくため、新たなジュエリーデザイナーの育成を行います。その第一弾として、時間に余裕のある学生・社会人・主婦などの未経験者を対象に「ジュエリーデザイナー養成講座モニター」の募集を  2022年6月21日(火)より開始いたします。

現実世界と仮想空間の境目がなくなるメタバース時代が目の前に来ており、2020年に20代を迎えたZ世代を中心に、市場がデジタル世界に移り変わろうとしています。これからはデジタルと現実の両方の世界で「ものづくり」ができることが有利となり、宝飾品業界も両方の市場でアクセサリーを作る人材が必要です。そのため“デジタル”に慣れ親しむ20代~40代を中心に人材育成に取り組むべきと感じております。

矢野経済研究所が2021年3月8日に発表した国内宝飾品(ジュエリー)市場に関する調査結果によりますと、市場規模は2019年までは横ばいでしたが、2020年には大幅に減少し、業界は縮小傾向にあります。インバウンド需要の減退、国内消費の落込みや人口減少などが原因です。さらに分業が主流の業界のため、指輪を作るにはデザインができても、材料の調達から完成まで一人で仕上げることが困難なため転職に向かないこと、人材の高齢化で職人の確保が厳しい状況となっています。また、制作工程が多く、IT化が遅れている業界として知られています。もしかし、デジタル化が進めば、大きく変革する可能性を秘めている業界ともいえます。

養成講座を運営する弊社は、ジュエリービジネスをデジタル化するために尽力しております。弊社の養成講座を学んでいただければ、弊社と取引のある業者や職人を紹介できるので製品化もスピーディーに実現し、場所にとらわれることなく個人での販売も可能です。デジタルジュエリー®︎というジュエリービジネスのプラットフォームを構築し、仮想空間でのジュエリーの販売ができるようバックアップ体制を整えていく予定です。

ジュエリーデザイナー養成講座では、パソコンのジュエリーCADを使用したデザイン技法を3ヶ月で習得いたします。同時に3Dプリンターで出力するクラフトマン技術も含めているのが特徴です。モニターに選出された方は、特典として講習中に自身がデザインした指輪の中から1点を本物のシルバー・ゴールド・プラチナのいずれかを当社の展開する3Dプリンターを備えたマイクロファクトリーを通じて作成し、プレゼントいたします。ご興味のある方は、事前説明会に参加または録画動画を視聴し、申し込みフォームよりお申込ください。

ジュエリーデザイナー養成講座特設サイト:https://school.djf.co.jp/

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
広報担当:高井寧香  メール:takai@djf.co.jp

オーダーステイタス付き製造管理&ショッピングシステムの販売

オーダーステイタス付き製造管理&ショッピングシステム

1・リアル店舗の顧客管理・受注進行管理及びEC ショップとしても稼働
2・加工の進捗状況をお客様にメールで送信その画像がお客様のマイページにも反映

3・管理画面で製造の進行状況把握
管理側↓

ユーザー側
管理側で「3D プリント」の画像をアップするとユーザーのマイページに「デザイン確認
承諾」ボタンが現れます。これを押していただくとお店側に「購入者によりデザイン
を承諾されました。」とメールが届きます。
オーダージュエリーではしばしばこの「確認したしてない」でトラブルになることもあ
りますがこれで防げます。

4・受注内容からそのまま加工指示書として印刷可能
特にEC ショップの場合はお客様が指輪のサイズ文字彫り等の情報を入力します。
なのでお店側での入力ミスがなくなるのが利点。
オーダーステイタスにデザイン画を登録すると加工指示書に反映
また加工指示書には加工段階のチェック欄があるので加工漏れを防げます。

その製造にはこのようなチェックが必要です。
ただしジュエリー業界の現状はFAX で発注書を送りそのFAX に基づき手作業で加
工指示書を起こすので記入漏れ・記入ミスが起きています。
それを無くすには可能な限りユーザーが入力した情報をデジタルデータで保存し加工
指示書に反映させさらにオーダーステイタスをユーザーに提示することにより進行状
況をユーザー自身でいつでも確認できるのと店舗側でも問い合わせを受けて確認して
ユーザーに返信するという手間も省けます。

【価格】  150万円(税別)

【必要事項】

wordpressが使えるサーバーにインストールします。
新たに月額1万円で デジタルジュエリー®ファクトリが使用しているAWSのサーバーも別途ご用意可能です。

 

株式会社3D Printing Corporation様と 正式に「業務提携契約書」を交わしました。

弊社 株式会社デジタルジュエリーは株式会社3D Printing Corporation様と 正式に「業務提携契約書」を交わしました。
以前から パートナーシップを結び お互い友好的に協力してビジネスを進めておりましたが、きちんと文章で契約書を交わすことによって 力強くビジネスを進める体制を整えました。
3Dプリンティングで日本の製造業を活性化する  株式会社3D Printing Corporation https://www.3dpc.co.jp/

2021年からの年賀状廃止のお知らせ

お客様・お取引先様各位

当社は、来年2021年以降、すべての取引先企業様に対し、年賀状によるご挨拶を控えさせていただくことといたしました。

2020年12月21日に株式会社デジタルジュエリーと社名変更を機に デジタル先端企業として 可能な限り紙でのやり取りを減らす方針の一環です。

お取引先企業様におかれましても、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます

 

敬具

株式会社デジタルジュエリー

代表取締役 佐藤善久

B9Coreの販売斡旋を開始します。

株式会社ビジュー・サトウは 弊社パートナー企業の株式会社3D Printing Corporationが正式代理店の3Dプリンター B9Coreの販売の斡旋を開始します。

 

只今 B9Core エメラルドレジンを使用しての 商用サービスダイレクトキャスト(鋳造) で結婚指輪を製造を日本初(当社調べ)で展開しています。

その技術や 1996年から3Dプリンターを使ったジュエリー製作を手掛けている経験を B9Coreとともにお届けいたします。

 

PDFパンフレット ↓

https://djf.co.jp/B9-BS.pd

「指輪だけの結婚式」というジュエリーブランドを発表

デジタルジュエリー®秘密基地は 新型コロナウィルス時代の対応として 「指輪だけの結婚式」というジュエリーブランドを発表します。

新型コロナウィルスの終焉が見えない時代に生きています。

人が集まるのが難しい時代

また 日本全国に緊急事態宣言が出された今 越境してのデートも難しい。

二人一緒にいる方法。

結婚という方法があります。

お互いを助け合い 尊重しあい 生きていくのが 今です。

そこで デジタルジュエリー®秘密基地 Produced By 株式会社ビジュー・サトウは 「二人でデザインし 結婚指輪をオーダーし 二人で指輪を交換し 結婚すること」をサポートいたします。

デジタルジュエリー®秘密基地の結婚指輪は すべてこの「指輪だけの結婚式」です。

二人で新しい時代を生きていきませんか?

デジタルジュエリー®秘密基地が結婚指輪をサポートいたします。

デジタルジュエリー®秘密基地の結婚指輪オーダーはこの内容

デジタルジュエリー®で作るフルオーダーの結婚指輪・婚約指輪 Powered by3Dプリンター

そして 外出がままならない今 ZOOMを使ったオンライン相談が可能

お申込みフォームは こちら ↓