business model

1996年から3D-CADと3Dプリンターを使いジュエリービジネスを展開しています。

ASIS

 

1・マイクロファクトリー販売(製造機販売)

製造業をする為の設備でなく 一気通貫を目的とした製造小売業をする為の機器です。

金・プラチナ・シルバーのジュエリーを3Dプリンター製のレジンを使いダイレクトに鋳造 ミニマムの設備投資で スピードとコスト削減が実現可能。

2・スクール事業

弊社の仕組みを思う存分活かす為の3D-CAD(ジュエリーCAD)スクール

デザイナーとして活躍の場が広がります。

3・DtoC

マイクロファクトリーを利用したDtoCのオーダージュエリーを販売します。

TOBE

2・マイクロファクトリー&プラットフォームモデル

・店舗のショールーム要素を、完全デジタル化(デジタル・カタログ+3D試着) ・ネットで請けた注文を、顧客の最寄りの店舗で印刷・鋳造・加工して、店舗またはネットでお渡し。 ・世界中の消費者が、デザイナー(つまりプロシューマ―)として活躍

2.NFT(Non Fungible Token)+FRM(Fan Response Marketing)モデル

・インフルエンサーが、ファンに向けて垂涎のオリジナル・アクセサリー ・フィジカル版ジュエリーに製造する版数限定の権利をNFT化して販売

3.メタバースモデル

・複数のメタバース(ex: Fortnite, Sandbox, etc.)の中に、バーチャル版ジュエリーブランド店を展開。 ・デザイナー(メタバースの住人)が、バーチャル版ジュエリーブランド店に3Dデザインを持ち込み、出店。 ・顧客(メタバースの住人)が、自分のアバターに身につけさせたり、他のアバターにプレゼントするために、  デジタル版ジュエリーを購入。 ・デジタル版ジュエリーの所有者は、フィジカル版ジュエリーをも保有する。(この場合、NFTは鑑定書のような位置づけ)

 

TEAM