まずはあなたのお困りの事・お悩みをお聞かせください。

「平面のデザイン画と電話でやりとりして ちょっと遠方のジュエリー製作をジュエリーメーカーにお願いしていますが、なかなかイメージが伝わらなく 10回くらい作り直しました。そして納期も遅れてしまいました。 なので自社で3D-CADでデザインし3Dプリンターで原型出力してみようと思っています。」

 

これ 最近 本当によく聞きます。

今や デジタルジュエリー®協会 大山会長も 自分の会社でこの経験からデジタルジュエリー®の世界に足を踏み入れたくちです。

平面のデザイン画と似たようなサンプルを手に 対面で打ち合わせができればもう少し意思の疎通が楽だとは思いますが、デザイン画と電話だとちょっと厳しいですね。

すでに世の中にデザイン自体は 沢山あり そこでオリジナリティーをだすのはちょっとの違いだったりします。そのちょっとの違いを言葉だけで説明するのかかなり厳しい。

また10回もやり直ししたら コストも時間もかかります。

だから 今こそ デジタルジュエリー®

まだ3D-CADを勉強していない方には 3D-CADの授業から。

すでに何らかの3D-CADでジュエリーデザインが可能だったら 3Dプリンター関連や 3Dプリンターを使ったジュエリー製作のコンサルが可能です。

ジュエリーメーカー・ ジュエリー小売店・ ジュエリー工場と それぞれで 悩みはちがいますね。

それぞれの企業に適した 3D-CADや3Dプリンター すなわちデジタル環境を使い倒すジュエリー製作のコンサルが可能です。

まずはあなたのお困りの事・お悩みをお聞かせください。

それを解決する為のアドバイスが可能かお話させていただきます。

下記フォームからお送りください!

========================================

2018年のデジタルジュエリー®秘密基地は さらに5つの事を進化させていきます。

2018年のデジタルジュエリー®秘密基地は さらに5つの事を進化させていきます。

1・

結婚指輪・婚約指輪のオーダーです。

これはお客さんからのこんなイメージで作ってというご依頼も さらに自分で 3D-CADを触ってデザインしたい方も 両方 進めていきます。

2・

まさにサプライズプロポーズしたいあなたへ応援プラン。

婚約指輪製作はもちろん その他の相談にものりますよ!

こんな感じです。 http://blog.djf.jpn.com/?p=14585

3・

近年 アマチュアとプロの境界線がデジタルツールやSNSの出現で混じりつつあります。

デジタルジュエリー®スクールは アマチュアの方にも趣味やデジタルジュエリー®デザイナーとして活動できるメニュー また ジュエリービジネスのプロとして活動する為のメニュー 両方をご用意しています。

そこには プロ・アマといった垣根より 3D-CAD/ジュエリーCADを使ってジュエリーデザインしてみたいという方と 旧態依然の手法を目指すかたとのカテゴリー分けをしています。

もちろんデジタルジュエリー®は前者の方です。

4・

こちらも デジタルジュエリー®手法を使ったオーダー・リフォームです。

現在は 一般の消費者の方から ジュエリー小売店・ジュエリーメーカー・ジュエリー職人さんからと幅広くオーダー・ご相談いただいています。

それだけ オーダー・リフォームにはデジタルジュエリー®手法は最適ということです。

5・

デジタルジュエリー®スクールで学ばれて 個人や会社でビジネスを始めると やはり自分メディアは必要です。  無料のブログなどもありますが、先を考えるとやはり自分のホームページ・ブログが必要です。 個人・零細企業向けのサービスを展開しています。

上記の5つを中心に ジュエリービジネスを邁進していきます。

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

新規にジュエリーリフォームでお取引ご希望の宝飾小売店様

新規にジュエリーリフォームでお取引ご希望の宝飾小売店様

 

ジュエリーリフォームでデジタルジュエリー®リフォームをご希望されます宝飾小売店様に向けてのお願いです。

お店との取引は お店の好みや方針を把握しないと お客さま お店 弊社と三方が満足するビジネスになりにくいのがジュエリーリフォームです。

 

また 弊社 株式会社ビジュー・サトウは ジュエリーリフォームに真剣に取り組んでおります。

 

そこで 新規にお取引をご希望の宝石小売店様には 弊社の コンサルティングサービス (月額3万円~)を受けていただくことで引き受けさせていただきそして 月額3万円の場合 デジタルジュエリー®リフォームのお見積りを3デザインまで無料とします。

 

そのお見積りかで決定した分は 無料お見積りにはカウントしませんのでさらなるお見積りをご依頼ください。

今回 このようなご提案(お願い)をしたのも これからのジュエリーリフォームは 本来 お店自ら 3D-CADを使いお客さまにリフォームご提案をしないと残れないと思っているからです。

 

ただ デジタルジュエリー®スクールを受講されても 色々な観点のスキルが必要で すぐ結果が出ないこともあります。

通常の宝石販売業ですと 一から作るジュエリー製造のノウハウが圧倒的に不足しています。

 

また 後継者不足で ご自身が3D-CADを習うには年齢的にスキル完全取得まで間に合わない場合もあるかもしれません。

「新規に取引ご希望」のそんな宝飾小売店様向けに今回  弊社も真剣に取り組み為のご提案です。

 

どうぞ、ご理解くださいませ。

 

 

 

 

 

12月限定開催 講座のご案内

12月の土日限定・異業種の方限定でデジタルジュエリー®デザイナー講座を 10万円ぽっきり

通常は199800円ですが、ジュエリー業界の方でない方をジュエリーデザイナーに育ててみたいので 緊急企画として募集します。

通常のデジタルジュエリー®デザイナー講座は 2時間8回か 6時間×3日間ですが、今回は2時間8回の受講はなしです。

12月中の土日のみ受講可能な方で 普段はジュエリーを仕事にしている以外の方が対象です。

また、普段の仕事が 水曜日休みで土日は仕事という方で受講希望の方は 12月の水曜日の3日間でも調整します。

詳しくは こちらで http://blog.djf.jpn.com/?p=14486

 

東京外国語大学【校章入り】ジュエリーの販売

東京外国語大学【校章入り】ジュエリーの販売

東京外国語大学の承認を得た公認グッズです。

(株)ビジュー・サトウが製作・販売し、売り上げの一部を「建学150周年基金」に寄附いたします。

また、購入者の個人情報(氏名、卒年、専攻語、連絡先等)を東京外国語大学と東京外語会で共有いたします。

 

こちらのサイトでご注文いただけます。 http://tufs.djf.jp/

デジタルジュエリー®デザイナー講座 授業内容をリニューアル

デジタルジュエリー®デザイナー講座 授業内容をリニューアル

全8回(2時間×8回) もしくは1日6時間×3日になり、授業中にda Vinci miniMakerでのプリントなど実践も増やしました。

 

さらに 世界的3Dプリンターメイカー XYZプリンティングジャパン社さまから公認プログラムとして認定いただきました。

 

11

 

詳しくは こちらのページにて

デジタルジュエリー®デザイナー講座 パートナースクール募集

通常 マンツーマンでしている デジタルジュエリー®デザイナー講座をあなたのスクールで集合教育(最低3名)としてコラボ開催してみませんか?

 

通常の デジタルジュエリー®デザイナー講座  授業料15万円 ソフト代35,000円 (いずれも税抜き表示)を 授業料 集合教育として授業料10万円×3名以上で開催するものです。

 

3DプリンターもFDM方式のものなら3万円代から入手でき そのプリンターで出力し ピアスなどの金具を付ければ立派な デジタルジュエリー®になります。

それを スマホでメルカリなどにも出品できます。

3D-CADが使えれば 楽しい世界が広がります。

しかし 3D-CADでジュエリーデザインは難しそうと思われるのも無理はない。

でも デジタルジュエリー®で学ぶのは ジュエリー向けに開発された JCAD3なので ジュエリーにする為のボタンがいろいろあります。

 

↓小学6年生が3D-CADを使ってジュエリーデザインにチャレンジ! ↓

 

コラボを想定している地域は 東京及び近郊です。

 

興味ある方は まず簡単な資料をおおくりさせていただきます。

お問い合わせくださいませ。

 

FAX廃止に関してのお知らせ

お取引先各位

 

急啓 平素は、格別のご愛顧をいたただき、厚くお礼申し上げます。
さて表題の件ですが、12月7日を持ってFAXを廃止させていただきます。

お知らせや注文書等の書類をお送りいただく際は 大変お手数ですが E-mail
および Line@でお送りくださりますよう、お願い申し上げます。

E-mai添付の場合   zen@djf.co.jpのアドレスにお送りください。

lineat_logotype_greenの場合

下のQRコードで「デジタルジュエリー®秘密基地」を追加し書類を画像に取り お送りください。

41b85d25b5f14ecf91fc5985900de4c0
すでにご注文をe-mailおよびLineにてご連絡いただいているお取引先は現状のまま引き続き
よろしくお願いいたします。

取り急ぎ、FAX廃止のお詫びとお願いを申し上げます。

早 々